2020年05月25日

オンライン研修会「議会非常事態宣言!? 議会はいま、何をなすべきか」第1回

5月20日(水)午後、Zoomを使ったオンライン研修会に参加しました。ローカルマニフェスト推進連盟が主催する「議会非常事態宣言!? 議会はいま、何をなすべきか」3回シリーズの第1回です。
 
Zoomには92人が接続(講師+関係者+スタッフ+参加者)、人気が高く募集定員(50人)より増えていたようです。私にとってはローカルマニフェスト(LM)推進連盟の研修会も、Zoomを使った研修会も初めてのことで、緊張しながらの参加でした。
 
研修会は
■入室【13時50分】(※13時30分〜お試しZoom体験会)
■第一部【14時00分-15時30分】
・講演:北川正恭・早稲田大学マニフェスト研究所顧問
・各地の現場から :清水克士・大津市議会局長、
          岩崎弘宜・取手市議会事務局次長
・スペシャルゲスト:大西一史・熊本市長
(休憩10分)
■第二部【15時40分-16時15分】
・グループ討議&全体共有 

■退室【16時30分】
 
□北川先生から開催趣旨と基本概念が語られて、まずは頭を整理。
□次に清水さんから、大津市役所がコロナ感染で庁舎封鎖の事態に議会はどう動いたのか、BCP計画は・・・など直近の生々しい現実と考察が。つづく岩崎さんからは、取手市議会のICTを活用の実践の紹介。そして大西市長が公務の合間を縫って熊本市役所の危機管理室から登場し、在宅勤務やコロナ渦中での議会との関係等について話してくれました。コロナ渦中に現場で実践を積んでいる3人のお話しはとてもリアルで新鮮。事態が進行している今だからなおさら示唆に富んでいますし、考えさせられました。
□その後は9グループに分かれて(20分間の時間制限付きで、Zoom会場内に個室が開設され)グループワークと全体発表。時間が短かったので参加者による現状報告的に。LM研修会初参加の私はFグループ発表者に指名されたので、顔を売ってきました(笑)
 
今回オンライン研修会、参加してとても良かったです。
 
理由は・・・
●新型コロナの影響で学びの場が極端に減っていたので、今回のオンライン研修会が久しぶり。最新の課題や取り組みに触れて議員としての感性が戻ってきた感じです。学び合う、高め合うことは大事ですね。
●オンライン会議・研修会の利点:時間と経費の節約は言うまでもなく。新たに気づいたこととして、講演者がとても身近になるということ。「スピーカービュー」設定にすると画面いっぱいに講師が現れ、1対1の雰囲気になってとても親近感が湧きました。画面共有で資料もわかりやすいですし、大きな会場での講演会より内容が理解しやすいかもしれません。
●オンライン会議・研修会の課題:日常生活との距離のとり方が難しいと感じました。これまでなら会場までの移動時間で気持ちや頭を切り替えたり、余韻に浸りながら頭の整理もできていたのですが、一瞬で繫がり戻れるオンラインではその時間がないです。慣れることで改善できるかもしれませんが、新しいルーチンが必要かもしれません。
 
第1回はこのような感じでした。
このシリーズの第2回は6月13日(土)。別の勉強会と重なってしまったので第2回は残念ながら欠席です。LM推進連盟では好評につき第2回からの参加も受け付けているようなので、興味を持たれた方は問合せしてみてください。

2020年05月24日

月形の花【日本農業新聞に掲載】

昨日のデルフィニウムの投稿に多くのみなさんが反応してくれて嬉しいです。切花は月形町の特産品で、様々な種類の花を作付けしているのが特徴です。市場からは「花のデパート」「花のコンビニ」と称されるくらい。これから全国各地の市場に本格的な出荷が始まります。
 
花のある潤いのある暮らし・・・を、ぜひみなさんのお宅にも。
 
切花は季節によって産地が変わっていきます。晩秋〜春は本州の暖地産、春〜秋は北海道や長野などの寒冷地産が中心に。切り替え時期の5月〜6月は全国の産地から花が届くので、花の種類も豊富です。
 
コップにちょこっと花を飾るだけで、普段の暮らしと雰囲気が変わります。街中の気になっていたお花屋さんにふらっと立ち寄って、心にピンときた花を買ってみてください。数百円で数日間、花の姿や香りを楽しめますよ。
  
さて、昨日の日本農業新聞で、月形の花作り仲間が大きな記事になっていたので紹介します。堀さんのカーネーションはお父さんの代から信頼性が高く有名なんです♪

2020年05月23日

我が家はデルフィニウム祭【農作業日記】


今週から越冬スカビオサの出荷が始まった。金曜日の大田市場(東京)に1箱。値段がついてほっとしたけれど、たくさん売れるような状況にないのが現実。
 
越冬していたデルフィニウムも既に咲き出しているけれど、箱になる(←サイズや等級が揃って1箱分になること。デルフィニウムは50本)ほど咲いていないので、家に飾ることにした。
 
涼しげな色の取り合わせとボリュームはなかなかのもの。
家に飾るには長いんだけれど、出荷するには短いんだな〜。
 
ここ数日寒い日が続いているので(一昨日の最低気温は0.1℃)、本当はピンクや黄色の花が飾りたいけれど(笑)、このデルフィニウムもステキ♪

アベノマスクが届いた・・・東京の娘のところに【新型コロナウイルス対策】

「今、届いたよ!」と、東京に住む娘から写真が送られてきた。注目のアベノマスクだから、こうやって水面下で情報が拡散していくよね。
 
娘のところに届いたアベノマスクはとても綺麗な仕上がりで、サイズは9.5cm×13.5cm。大人用の標準サイズ。アベさんがいつもつけているのがコレなら、アベさんの顔は相当長いことになる。
 
ちなみに私が作っているプリーツマスク(Mサイズ)は、7.5cm×15cm。(←比較用に並べて撮ってもらった。娘愛用の私の手作りマスクは、既に十回以上の洗濯を重ねてヨレヨレになっているけど現役・笑) プリーツを広げると13cm×15cmになって鼻から顎まで覆うことができる。縦9.5cmならアベさんの顔がああなっても仕方ないのか?! 
 
※比較写真を撮るためだけに開封するのはもったいないので、アベノマスクの装着写真なし。未開封なら寄付できるしね。
 
にしても、一番最初に配布を始めた東京都で今日配布されたということは、全国津々浦々まで行き渡るのはいつの事か・・・。厚労省HPでは、13都道府県が《配布中》、それ以外の県は《5月23日(土)から配布開始予定》となっているけどネ。
 
娘「もう、近所のどこでもマスク売ってるし、値段も下がってきてるから誰でも買えるよね。私のところはお母さんのマスクがあるから必要ないし」と。こういう家庭、全国でいっぱいいると思う。
 
アベノマスク、もう止められないの?
一旦止めた上で、必要なところにまとめて寄贈できればいいのに。
 
今、配布されたアベノマスクを寄付できる(回収する)「箱」が全国各地に設置され始めてる。不要の家庭も多いから、とても良い取り組みだと思うけれど、できるなら配達前に止めて、必要なところにまとめて寄贈できればいいのに。
配達にはお金も人手もかかってる。仕事だから郵便局の人も頑張ってやるしかないんだけれど、「いらない」と言われているものを配るのって・・・気の毒。

雇用調整助成金の現実【新型コロナウイルス対策】

今朝の北海道新聞にも大きく取り上げられていたけれど、
実際に申請し、支給決定している友人経営者の投稿。
 
この現実にぼやきたくもなる。
というか、途方に暮れる人ばっかりだと思う。
もう本当に「口だけ番長」なんだから! やるって言ったらやってよね💢
アベノマスクだけ「やると言ったから最後までやる」って言ってないで。
 
この状況は、もうずいぶんも前から言われていること。
目的を達成するために、手段に改良を加えて改善するのも政治の仕事。
この仕組みを作っている人たちが改善してくれないとどうにもならない。


Facebook/中村 由美子/5月23日 6:10

雇用調整助成金。
この15日までに、北海道での相談19.444件
そのうち申請できたのが991件、支給決定が522件。その中にうちのお店も入ってるけど、まだ振り込まれない。
そんな状態では資金繰りができずに倒産が増えるね。7000万も退職金もらう人や毎月1億円も機密費使う上級国民には、理解できない平民の暮らし。



1234

▲TOPへ戻る