2019年10月14日

お見舞い申し上げます【台風19号被害】

予測通りに強大な台風19号でした。
風台風になるのかと思っていたら、尋常でない雨台風!
自然の脅威を実感しました。
 
小さな川の氾濫でも実家のような被害が出て右往左往するのに、
大河川氾濫の影響は想像もできません。
また、大被害の影に隠れて見えませんが
小さな被害、暮らしの不都合を受けた方も多いでしょう。
 
被害に遭われたみなさんに、心からのお見舞いを申し上げます。
 
みなさんができるだけ早く日常を取り戻し、
心穏やかに暮らせる日が来ることを願っています。

2019年10月09日

行動することの重要性【北海道自治体学会ジェンダー研究会】

先週の日曜日(9月29日)午後、北海道自治体学会ジェンダー研究会を札幌市内で開催しました。今回は「行動する女が未来を拓くー行動する女たちの会 20年の記録ー」DVD鑑賞会。
 
「行動する女たちの会」とは、国際婦人年をきっかけに1975年に発足し96年に解散した、ウーマンリブ/フェミニズム運動に共感し、性差別社会を変えようと具体的な行動を起こした女たちの集まりです。インスタントラーメンCMの「私作る人、僕食べる人」や、NHK女性アナウンサーが天気予報アシスタントばかり担当していることなどの性別役割分業に抗議し、家庭科の男女共修などを実現しました。
 
DVDは、『行動する女たちの会 資料集成』全8巻(2015年、六花出版)の出版記念会で、当時の活動等を振り返ったメンバーの映像記録や、参加できなかったメンバーのインタビュー、既に亡くなられたメンバーのフィルムなどを編集した1時間ほどの資料映像です。
研究会ではDVDを鑑賞した後、参加者それぞれが感想や現状課題や解決手法等を自由に話しあったほか、持ち寄った貴重な資料等も見せていただきました。

 
私は現状の男女不平等を肌身に感じ、現状を変えたいとの想いから北海道自治体学会にジェンダー研究会を立ち上げました。私自身は身の回りの現象を捉えて改善することしか思いつきませんでしたが、研究会で参加者のみなさんと話し合ったり、活動の歴史を知ることで、深い洞察力と新たな視点そして行動する勇気が育っているのを感じます。刺激し合うって大事ですね。
 
次回のジェンダー研究会は、12月7日(土)13:30〜 です。
「ジェンダーについて 大学生が真剣に考えてみた(佐藤文香著/明石書店)」を参考図書にして実施します。事前の課題がありますので、参加希望者は宮下(コメント欄やメールなど)でご連絡ください。

2019年10月06日

やった〜❣️優秀コミュニケーション戦略賞【第14回マニフェスト大賞】

%E3%83%9E%E3%83%8B%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%B9%E3%83%88%E5%A4%A7%E8%B3%9E%E3%83%AD%E3%82%B4.jpeg10月4日(金)に発表があり、たくさんの方から「お祝いの言葉」と「いいね!」をいただきました。ありがとうございます。反響の大きさに驚いています。

【第14回マニフェスト大賞優秀賞を発表しました】
http://www.local-manifesto.jp/manifestoaward/docs/2019100300024/

 
今回の授賞を例えるなら・・・素敵な石を持っている人に会いに行っているうちに石の磨き方を覚え、自分の持っているお気に入りの石を磨いてみたら輝きだした・・・みたいな感じです。たくさんの出会いと行動と経験とが積み重なった、私の暮らしや生き方そのものを評価されたような感じ。だからなんだかフワフワしています(笑)
 
授賞式は六本木ヒルズというのもフワフワの要因。私の暮らしからみると六本木ヒルズは竜宮城みたいなものですから。普段の暮らしで目にするのは緑いっぱいの大自然。見上げるような人工高層物は想像もできませんし、滅多に行けない(行かない)ところだから。非日常の世界に夢見心地です。
 
それから、全国各地からキラリと光る素敵な石を持った人たちに会えること、その人たちに学べることがとても楽しみ。出会いは何よりものご褒美ですから。また、議会の中で役職に就けていない私には公式な学びの機会が極端に少ないので、全国規模の学びの場は本当に有り難いです。
 
そんな私の個人的な感情は横に置いて。
 
すっかり遅くなりましたがマニフェスト大賞優秀賞の公式発表がありましたので報告します。私は「優秀コミュニケーション戦略賞」で、一番下の方に出てきます。同じ部門には同じ北海道から「公立芽室病院」も選ばれていて嬉しいし、マニフェスト大賞常連の西科さんとご一緒できて心強いです。また、優秀成果賞の「西脇市議会総務産業常任委員会」は林議長のところ。繋がりがあるって心強い。
 
授賞式前日にはプレゼン研究大会があり、直接受賞者から取り組みポイントを聴けるのが楽しみです。(私自身も発表するのでしっかり準備しなくちゃ!) また、応募内容をまとめた冊子(=アイデアの宝庫)が発行されるとのこと、これも楽しみです。(すぐに原稿〆切があるので、再度推考します。)
 
私は「志を持った人の議員立候補をサポートしたい」という想いから自分自身の選挙や活動でアイデアを実践し、それを広める手段としてマニフェスト大賞に応募しました。優秀賞によってこのアイデアが多くの人の目に触れることになり1つ目的を達成できました。ただ「志を持った議員の誕生」が最終目的ですので、まだまだできることがあるはず。これからも活動していきますので、どうぞよろしくお願いします。

2019年10月01日

注目してます!【いながわニュース・猪名川町議会議員選挙結果】

唐突ですが・・・
兵庫県南東部の3万人のまち、猪名川町。そこで9月22日に行われた猪名川町議会議員選挙結果に注目しています。というのも、その選挙で当選した「中西典章さん」の当選が無効になったから。
 
シンポジウムでのこと。交流会で、当時は一般市民だった中西さんから猪名川町の「道の駅移転問題」と、中西さんが発行している「いながわニュース」、そして「9月22日投開票の猪名川町議会議員選挙」があることを知って、それ以降注目してきました。
 
中西さんは元日刊スポーツの記者、そして法学部出身。問題意識を持って自分の足で稼いだ記事は猪名川町を全く知らなかった私を釘付けに。中西さんが疑問に思うポイントや積極的な情報公開に共感できるし、法的根拠もしっかりしているから納得もできる。もし私が猪名川町民だったら中西さんと協調して行動してたと思う。選挙運動にしても確固とした意志があったのも良かったです。
 
そして・・・ 717票、8番目(定数16)で当選。
「道の駅移転問題」を主たる争点に22人もの立候補者が出た選挙は、選挙前に移転賛成派が体制だった町議会をひっくり返し、反対派が多数を占める状況になりました。
 
いよいよ町議会議員として議会で活躍するのね、と思ったとたんの「当選無効」の異議申立と、町選管からの「当選無効」の裁定。正直ビックリした。この状況でどうして当選無効にできるのか???
 
リンクしたのは「いながわニュース」9月28日の記事。中西さんが選管に提出した意見書が公開されているので読んでみたけれど、どう考えても「(実質的な)3ヶ月居住」の要件を満たしていると思う・・・ 
 
検索するとニュースや新聞でこの件が取り上げられているので比較してみたが・・・ 選管側の主張の方に無理があると私には思える。というか、公平な立場で情報を収集したら、こんな主張はできないと思うけれど。
 
中西さんは県選管に異議申し立てするとのこと。
今後も見守っていきたい。
 
※ 今回の件、体制側に対して反対意見を言うときに「どこでも」「いつでも」起こりうる可能性のあることです。私は「自由な議論」を信条に活動しているので、この事態は他人事ではないのです。

2019年09月25日

神様、仏様は見ている⁉️

台風17号は早々に低気圧になって、何ごともなく通り過ぎました。良かった〜と思っていたら・・・昨日の昼に夫がギックリ腰!幸い軽くて、ゆっくりとやれば仕事もできる状態。力が必要なところは私がカバーすれば何とかなるし、議会も終わっているので時間も融通が利く。まあ普段通りにはいかないけれど、お互いに助け合うことでそれぞれの作業や手順を見直すこともできるし、理解も進む。ちょうどいい機会だったなぁと感じてます。
 
それにしても、なんと都合よく物事って起きるの! 楽させてはくれないけれど、ムリだと諦めることもない、ちょうどイイさじ加減。「越えられない壁はない」と思える程度の試練。あぁ神様に見られてるって思っちゃった。
 
急遽予定変更させてもらったり、出荷のときに荷下ろしを手伝ってもらったり・・・周りのみなさんにはご迷惑をおかけしてます。ご配慮とお心遣い、ありがとうございます。
 
※写真はご近所からいただいた大好物の栗。圧力鍋を使ったら簡単に柔らかくなった。道具ってありがたい。ご近所もありがたい。

1234567891011

▲TOPへ戻る