2019年03月17日

一般質問とは・・・【平成31年第1回定例会/その5】一般質問の報告(1)全般

先日の一般質問、上坂町長と私が初めて対峙した一般質問(6項目)は、2時間半(+10分休憩2回)とほぼ予定どおりに終わりました。
この間、お互い真剣に発言していたので一見充実した一般質問と思った人もいるかもしれませんが、中身は惨たんたるもの。全く議論になっていませんでした。
 
町長の答弁は、私の質問事項を否定するところから入り(←執行側とそれをチェックする側という立場の違いがあるので、対立するところから始まるのは当然。それは理解できるが・・・)、そのあとの質問意図の解説も指摘事項も提案も全く聴く耳がなく、ただひたすらに現状の説明と正当性を主張するのみ。何一つ受け付けず、最後は感情的な部分が見え隠れし、質問前より悪い状態で終わりました。
 
この要因は、「議論に不慣れ」な町長が「一般質問の目的を理解していない」ままに議論に参加したことにあると思います。これまでの2年半一般質問を傍聴してきましたが、町長と議員との間にお友達感覚があって「急所は責めずに寸止めで終わる」という(町民にとっては)モヤモヤ状態の一般質問しかなかったので、それが一般質問だと思っていたのでしょう。上坂町長にとっては初の真剣による勝負だったと思います。なので、通告初段階で「一切聞き入れない」と決めたのかもしれません。
 
私が一般質問するときに心がけているのは「議論によって問題の現実的解決策を見つけ、早急に町行政に反映させる」ということ。だから、
●常日頃から現在進行形の町政の課題を見つけるようアンテナを張り
●関係する町民の声を聴きに行き
●個人的事例から公的な課題をみつけだし
●その課題の背景や根拠などを徹底的に調べ
●今の月形町で取り組めることを提案する。

という流れで準備を進めます。
 
一般質問に取り組むことで法令や事業背景なども調べるので、ともすれば難しく専門的になりすぎます。なので、質問の際は「この件を初めて聴く町民=傍聴者が理解できるように」「平易な言葉」で「順序立てて」「論理的」にするよう心がけています。
 
今回の一般質問が終わってから傍聴者や記者とも話しをしましたが、みなさん私の質問意図も町の課題も理解していました。なので、私の質問がトンチンカンだったとは考えにくいです。
 
にもかかわらず、同僚議員からは質問中に「長すぎる」「同じ質問を繰り返してる」「何を聴いているのか解らない」などの小さな声のヤジが繰り返されていましたし、休憩中には「質問と全く関係ない演説を延々としている」「何で最初に具体的事例を出さないんだか。それだけ聴けば済むことなのに」などの大声の独り言も。
私の発言をちゃんと聴いていないだけでなく、「一般質問は単なる質疑でない」という原則を解っていないのだと思いました。残念です。
 
ただ一つ救いだったのは、堀議長が公平な采配をしてくれたこと。
過去には、質問途中で遮られ議長室に呼ばれた上で質疑終了のようなこともありましたから。今回は、答弁漏れの指摘など標準的な対応をしてくれて信頼感が増しました。

2019年03月16日

部屋の片付けは心の洗濯【定例会の合間に】

昨日で予算特別委員会の各会計の事業別審査が終わり、あとは月曜日の予算特別委員会/総括質疑と、本会議での最終議決だけ。(と言っても総括質疑は重要で重たいのですが・・・)
 
怒濤の1週間を乗り切って、昨夜は久しぶりに布団で寝ることができました。布団ってこんなに気持ちよかったんだ〜〜〜と思ったとたんに朝でしたけどね(笑)
 
毎年そうですが、一般質問と予算審議の時は「完全のめり込み体制」なので家事は最小限。家中がとっちらかってしまったり、食事が貧相になるのは仕方ないと、家族全員受け入れています。が、今年は・・・
 
例年3月は毎日のように降雪があるのに、今年は2月16日から一度も除雪しなくてもよい、豪雪地帯にとって天国のような年。なので、夫は24時間自由を手に入れ、私の経理システムを作り、アプリ開発の勉強をしているのですが、さらに家事全般も!
 
私たち夫婦は「労働時間は等しく」「家事は得意な分野を優先に、できる方がする」という基本があって、ここしばらくの家事は、時間的余裕がある夫が大部分を担ってくれました。
本当に有り難いことです。私が議員の仕事に集中できるのは夫のおかげが過分にあります。だからこそ、それに報いるのは議員の仕事を目一杯頑張ること。何があってもめげないよ。諦めないよ。ますます集中するよ! 
 
今日は土曜日。夫は札幌へプログラミングの勉強に出かけました。
ならば、部屋を片付け掃除をしよう! 
気になっていた雪崩を起こした新聞の山がスッキリし、ホコリだらけの部屋がサッパリし、トイレはピカピカになって・・・ 心の洗濯もできました。
 
おっ! 夫が帰ってきたので夕飯にしましょう。
では、また明日。

2019年03月13日

一般質問当日のあれこれ【平成31年第1回定例会/その4】

3月13日(水)一般質問2日目。

午前10時開会。傍聴者は5人+道新記者が2人! 
12月の定例会までは、毎回、私と道新記者1人しかいなかったのに、驚きです。嬉しいです。

すぐに楠議員が一般質問2問(予定時間60分)を行い、終わったのが11時10分。
さあ、休憩を挟んで私の1問目だ!と思いきや・・・ ここで午前は終了!

なんと! 私まで廻らなかった。予告していたのにゴメンなさい。


午後1時30分、午後の開始。傍聴者は3人+道新記者2人。

私の一般質問6問(予定時間は3時間)。
途中に10分休憩を2回はさんで、午後4時13分に終了。

あまりにも「空虚」。基本認識がこれほど違っていたとは…


今日はもう疲れ果てました。追々報告していきます。

2019年03月10日

住民説明会に何を求めるか? 町側と町民側のすれ違い【月形町地域公共交通網形成計画(素案)住民説明会】

3月8日(金)午後6時〜(午後8時終了)、役場大会議室で「月形町地域公共交通網形成計画・住民説明会」があったので参加してきました。
 
会場には15人弱の町民。以前(10月24日)に開催された「月形町の地域公共交通に関する意見交換会」に参加した方がほとんどでしたが、今回初めての人も。JR代替バスの状況を知りたい人や、現在展開中のパブリックコメントに回答するために詳しい内容を知りたかった人等、それぞれに目的があっての参加です。
 
住民説明会はいつも通りの配置(教室形式の対峙型)と展開(町側から項目ごとに一気に説明その後に町民側から質問)で実施されました。説明項目は以下の通り。2.以外は10月の意見交換会とほぼ同じ内容でした。
 
1.町民アンケート結果の説明
2.月形町地域公共交通網形成計画(概要)の説明
3.JR代替バスの説明
4.町内オンデマンド交通の説明
 
10月の意見交換会に参加していた人は、2度目の資料と説明の部分については多少の理解が進んでいて、具体的な質問をしていました。
一方で、初めて参加した人にとってはチンプンカンプンだったよう。一気に早口で進められる説明のスピードについていくのが難しい上に、カタカナ用語や専門用語・略語がそのまま出てきていたので。
 
さらに町民側の理解を阻害したのは、行政全体の中での計画の位置付けや実際に動き出すまでのスケジュールなど、「全体を見通す地図」が示されずに個々の課題だけを抜き取った説明や資料だったこと。
現在展開されているパブリックコメントも同様で、地域公共交通網計画の素案概要図だけが示された資料が町報に折り込まれ「ご意見をお寄せください」となっているので、
「何を聞いているのか、何を求めているのか、さっぱりわからん!」
という参加者からの発言が象徴していました。
 
参加者からの質問がいくつか出て時間を要していたとは言え、「遅い時間ですし・・・」と進行を急ぐ町側の姿勢には疑問が残りました。だって(たぶん町側が当初予定していた1時間半なら)町側の説明と1,2の質疑応答で終わる時間設定なんです。それで住民説明会?
 
全町民に関係する地域公共交通に関するマスター計画(最上位に位置する基礎となる計画。これを元に今後の施策が展開される)なのに、金曜日の夜1回だけ役場で開催する住民説明会で終わりだなんて、アリバイ作りにしか思えないですもの。
田舎の車社会の月形町で地域公共交通を必要とするのは、学生と(圧倒的に)高齢者。その人たちが足を運べない時間帯に、市街地の役場でしか説明会を開かないなんて。ちょうどその日は同時刻に町内でお通夜が2件(←お通夜が入るかは事前に予測できないけれど、有るとすればこの時刻)。3月の金曜日は送別会等もあるでしょうから・・・。
 
説明会参加者から
「進め方が良くないんじゃない? こんな風に全体に呼びかけて説明会を開くより、公共交通を実際に使う人のところに行って話しを聞いた方がイイと思う。市街地から遠い高齢者のサークルとか、月形高校生とか、町外に通勤通学している人とか・・・」
同感です!
 
それと説明会は何度も開いて欲しい。情報には何度も触れないと理解できないですから。(1度で理解できるのは、この計画を作っている人ぐらいでしょう?!)
町民が情報に何度も触れるうちに理解が深まれば、これからの事業実施できっと役立つと思うんです。「解らない人」を基準に進めて欲しい!

2019年03月08日

私の一般質問は、3月13日(水)11時〜【平成31年第1回定例会/その3】

昨日の議会運営委員会と全員協議会を経て、一般質問の日程と内容が確定しましたのでお知らせします。質問順に、議員名・質問事項・答弁を求める者・予定時間を記します。

ぜひ、傍聴にお越しください。
本会議場は役場庁舎3階の南側で、廊下に資料、傍聴席を入ったところに傍聴者名簿があります。名簿に氏名と住所を記入すればOKで、会議の途中でも自由に出入りできます。お気軽にどうぞ。
 
なお、通告書には質問要旨が掲載されていて、より詳しい内容が掲載されています。議会のホームページに日毎に掲載されていますので、ご覧ください。
■一般質問通告書 3月12日(火)分
■一般質問通告書 3月13日(水)分
__。__。__。__。__。__。__。__。
 
3月12日(火)午後1時30分〜(合計1時間55分+休憩)
■松田議員
1.本年10月の消費税 10%に向けての対策について(町長/30分)
 
■大釜議員
1.月形高校の支援について(教育長/20分)
 
■東出議員
1.国保財政調整基金の 活用について(町長/45分)
 
■我妻議員
1.平成31年度の農業 への取組みについて(町長/20分)
__。__。__。__。__。__。__。__。 
 
3月13日(水)午前10時〜(合計4時間+昼休憩+休憩)
■楠議員
1.観光まちづくりプランの実践について(町長/40分)
(1)皆楽公園の再整備にあたっての基本コンセプトについて
(2)本町市街地周辺の観光資源について
(3)観光土産や特産物開発による町内経済への波及について
2.本町でのコミュニティスクールの実施と小中一貫教育について(教育長/20分)
 
■宮下議員
1.全ての町民高校生を対象にした教育環境支援について(教育長・町長/40分)
2.求められている「町民 の移動手段」とは-月形町地域公共交通網形成計画について(町長/30分)
3.月形町における町立 病院の在り方について(町長/30分)
4.町民が求める情報共 有と参画の場について(町長/30分)
5.役場が機能するため の事業仕分けについて(町長/30分)
6.行政報告への葬儀の 掲載について(町長/20分)

<<前の5件 678910111213141516

▲TOPへ戻る