2019年05月15日

仕込み中

先週から諸々の仕込み作業をしています。今日、山場を越えてあと少し。
 
完成形を思い浮かべながら、段取りを組んで準備を進めるのは楽しい。それも、色んな分野で色々進めているからなお楽しい。だけど、新しいことを始めたり、新しいことに取り組むのは、エネルギーも時間もいるし疲れる。実際ちょっと疲れてるかな〜。でも止められない。
 
私はいつも『ときめき』を求めているんだと思う。選択肢があったら直感で “ときめく方” を選んでいるもの。
 
つい先日、ラジオで脳科学者が「“ときめき”は新しいものに出会ったときにだけ感じる」って解説しているのを聴いて「‼️」「やっぱり〜〜〜💕」って思っちゃった。
 
私を「バイタリティ溢れる」と評してくれる人がいるけれど、それはきっと、多くの「ときめき」を感じているからだと思う。ときめくとエネルギーが湧いてくるものね。
 
“ときめく”ための仕込みにはエネルギーがいるけれど、それ以上のエネルギーが手に入る。仕込み=投資。そう、まず自分から種を播かないとね。
 
山を越えたので、今日は久々にゆっくりお風呂に浸かって潤って、何日ぶりかに布団で寝よう。おやすみなさい。

2019年05月12日

反対したけれど、バスターミナル複合施設建設計画は着々と【月形町地域拠点施設整備等審議会設置条例の制定・令和元年第2回臨時会】

令和元年第2回臨時会(初議会)の議案審議報告です。

町側からバスターミナル複合施設建設計画の関連で(当初予定どおりに)審議会を設置する条例が提出され、私と楠議員から質疑を行いました。私が反対討論(計画の進め方と条例内容に問題点がある)、楠議員が賛成討論を行い起立採決となり、1対6の賛成多数で可決されました。以下詳細です。
 
《町側の説明》
■JR代替バス+路線バス+町内公共交通の結節点となるバスターミナルが必要。合わせてコンパクトなまちづくり(公共施設の老朽化対策、利便性の向上他)も推進したい。
■昨年から検討に入っていた。(昨年10月の臨時会で、基本構想をコンサルタントに依頼する予算を議会が承認)
■この審議会は「バスターミナル複合施設の整備」「皆楽公園の整備方針」「2つの連携」について町長に意見を具申するもの。
■審議会委員は20人以内
 1)町内の公的団体や関係機関の会員や職員(12〜13人)
 2)見識を有する者(5人:大学、観光機構、経済界など)
 3)公募(2人)
■町民への説明は「審議会」が行う。事前に町側から町民に説明することはしない。
■今できている基本構想(3つの候補地、複合施設の中に入る機能、建設費等の経費概算、進行計画)は、あくまでたたき台、(案)の段階。これから変更可能。柔軟に対応する。
 
《質疑》
■Q宮下:平成29年3月に策定された公共施設管理計画には、公共施設の面積を40年後20%削減するとある。また、今回複合施設に含まれる公共施設(図書館、多目的研修センター)は対策急務の判定を受けていない。この計画との整合性は?) 
 A:図書館は老朽化が進んでいる。できればコンパクトなまちづくりと合わせて進めたいと着手した。これも含めて審議会で検討する。
■Q宮下:バスターミナル複合施設建設計画は、月形町地域公共交通網形成計画の施策としても掲載されている。建てることが前提になっていないか?
 A:決まったものではない。審議会で検討する。
■Q楠:JR廃線がきっかけだが、色々な可能性がでてくる。1つに組み立てることが大事なので諦めずにやってほしい。町民への説明機会を作るべき、審議会が柔軟に対応してほしい。
 A:進め方や進捗は柔軟性を持って。町民の意見を聞いて是非とも進めたい。
 
《反対討論:宮下》
この計画をほとんどの町民は知らない。昨年10月に検討が始まっていたなら、11月の町政懇談会で町民へ説明する機会があったが何もしなかった。町民への説明不足まま進むのは問題がある。
まず町としてどういう考えでこの計画を進めるのか、公共施設管理計画との整合性も含め、町側の方針を町民に説明する必要がある。その上で審議会が町民の意見を聞くというステップが必要。
現段階での審議会設置には反対する。
 
《賛成討論:楠》
町民への説明不足は有るものの、審議会を開催しながら町民の意見を聴き、プロセスを決めていくなど、柔軟な対応をすると説明があった。
審議会設置に賛成。
 
《起立採決 → 反対1/賛成6 → 原案可決》
__。__。__。__。__。
 
このあとに予算審議がありました。
 
●審議会予算は204万4千円
・審議会4回分+道内視察(全委員で1回)+道外視察(一部委員で1回)の委員報酬と費用弁償など
・財源は全額「ふるさと納税基金」
 
審議会で町民の意見を聞くとのことだったのですが、会議の開催は4回しか計画されていません。また、町民への説明会の開催時期は審議の後半で計画しているとのこと。そんな時期に町民からの意見を聞いて、計画の変更や修正ができるのでしょうか? 条例設置のときの説明と全く違うと感じたのは私だけ?
さらに、委員のよる視察が2回も計画されていました。全部で4回しか会議を開催しないなら、視察は早い段階で行われるでしょう。町民の意見を聞くよりも前に視察の計画が入っているなら、建てることが前提で進んでいるとしか思えません。
 
町民そっちのけで進んでいる計画としか私には思えないんですが・・・
他の議員はどう考えているのでしょう? 
選挙期間中に不安の声を聴いている議員もいるはずでしょうに。
選挙で「町民の声を議会に届けます」って言ってたのに。
何の意見も言わずに賛成するから、全く解りません。

2019年04月30日

ココで問われるのは市議会と議員【美唄市立病院の建て替え問題】

お隣の話しではありますが・・・
以前(2019年3月4日のブログ)に紹介した「美唄市立病院建て替えを考える市民会議・傍聴」に動きが出てきたのでご紹介します。
https://yumiko3.net/blog/2019/03/post_487.html

 
 
4月25日の北海道新聞朝刊・空知面(写真)に大きく取り上げられていました。
●(高橋市長は)病院の規模を現計画から縮小する方針を固めた。
●基本設計までさかのぼり規模縮小を図る。
●保健福祉総合施設の併設も見送る方向。
●作業中の実施設計策定は早期に中止する。
●実施設計(6600万円)は発注済、違約金が発生する可能性あり。
●中止の理由は「実施設計を進める中で、建設資材や人件費の高騰により事業費は増えることはあっても減ることはないと分かったため」「(近隣自治体の医師・看護師不足に触れ)公的医療を取り巻く環境が以前より厳しくなっている。将来への負担軽減のために判断」
●市議会へは5月の臨時会などで説明する見通し。
 
結果的に市民会議が望んだ形になりました。公式発表の理由はどうであれ、市民活動の成果だったと思います。市民にとっては結果オーライ! 市民が自分事として真剣に動くことが重要だと多くの人が実感できたのではないでしょうか。
 
この状況でこれから問題になるのは《市議会》と《議員》です。(もちろん、高橋市長の判断責任は当然ですので横に置きます。)
 
市議会は3月定例会で、高橋市長が提案した「建て替えの実施設計の予算」に賛成したのです。これまでの経緯から察するに反対した議員は一人もいなかったと思われます(会議録は現段階で未公開のため、確認できなかった)。
 
つまり、市議会が全会一致で賛成し予算を通した50億円の市立病院建替計画が市長の判断で中止になったのですから、市議会としては、市議会の総意に反する結論を出した市長に対して「どうして中止にしたのだ!」と問い質す必要が出てきたということです。それが市民感情と裏腹な態度であっても、議会や議員としては筋を通す必要があるでしょうし、採決に対する責任になります。
 
ココをうやむやにしては議会制民主主義は成り立ちません。
もしも、なんの質疑もなしに方針転換を了承し補正予算(設計料の減額補正と違約金の増額補正)を通したなら、議会の存在意義がなくなります。
 
これまで市民側が、市議会議員に対して説明を求めた段階で何らかの考えを示していたら・・・また違った道が見えてきたでしょうに。
 
 
 
美唄市は6月に市長と市議会議員の選挙を控えています。絶妙のタイミングの選挙! 《市民自治》の現場がまさにココにあります。

2019年04月26日

JR代替バスの運賃(案)【月形町地域公共交通活性化協議会/傍聴】

昨日(4月25日)午前、多目的研修センターで「平成31年度第1回 月形町地域公共交通活性化協議会」が開催されたので傍聴してきました。
 
今回話し合われたのは
・月形町地域公共交通網形成計画(パブコメ報告)→ 決定
・JR代替バスの運行(案)運賃とスケジュール
 
■JR代替バスの運賃(案)
言葉では解りにくいので説明図(写真)を参照ください。
・同一町内は200円、隣の町までなら400円、3町を通ると600円
・町境界近くの4停留所の移動は200円
※ 今後、当別町、浦臼町との協議を経て9月頃に決定
 
■今後のスケジュール
2019年4月〜
・運行やバス停の協議
・国、道への補助金協議(申請期限6月30日)
・住民説明会(できるだけ早い段階で。6〜8月頃?)
2019年9月頃
・第2回月形町地域公共交通活性化協議会(運賃等の決定)
2019年10月頃〜
・北海道運輸局への路線申請開始
・住民への事前周知
・JRダイヤ改正との微調整
2019年12月頃
・第3回月形町地域公共交通活性化協議会(事業評価、代替バス、町内交通)
2020年1月〜 :代替バスの住民周知
2020年4月1日:代替バス運行開始
2020年5月7日:JR札沼線(北海道医療大学〜新十津川)廃線
__。__。__。__。__。
 
この協議会は、地域公共交通に関わる様々な立場の関係者(事業者、利用者、警察、町、道、国など)30人以上が参加する法定協議会です。具体的な細かな議論は人数を絞った「部会」で行われていて、そこは非公開。そのため、協議会を傍聴すると言っても「結果を報告する会議を見る」「資料をもらう」だけになっています。
 
それでも、最新情報を得るにはこの会議を傍聴するしかないので毎回足を運んでいます。でも、できることなら議論の中身を見てみたい! 
 
どんな検討がなされ、どういう経過をたどって私たちの「暮らしの足」が確定していくのかを知りたいんです。知れば納得できることもあるし、周りの人に伝えるときも(様々な情報を織り込んで)疑問に答えることができます。結果として「町民参加」「当事者意識の醸成」「行政と町民の信頼関係」が作られると思うのですが・・・

2019年03月29日

町民の知らない数億円規模の事業を9ヶ月で決めるんだって!【2019年3月28日全員協議会/報告】

昨日の全員協議会に町が提示し、私が萎えた件。今朝の道新に概要が出てました。とても重要なことなので説明します。
ちなみに、月形町の一般会計予算は35億円、職員数67人です。

 
《1.月形町地域拠点化整備》 ← 5億円規模の公共施設の建設
 
■ 概要  
JR札沼線廃線にともなう代替バス、既存のバス路線、新たに町内を走るデマンド交通の起点となるバスターミナルを中心にした複合施設を建設する。
 
■ 複合施設に含まれる機能
・バスターミナル
・バスターミナル待合所
・図書館(現図書館規模 1035㎡)
・サロン(ふれあいサロンをする場所)
・観光PR施設
・民間事業所(商業スペース、生活関連サービス)
・集会施設(現多目的研修センター規模 400㎡)
・供用ロビー
・屋外広場
・駐車場
 
■ 候補地(既に3ヵ所に絞り込まれ、簡単な設計図アリ)
案1)ひまわり団地前+駅前住宅地(=月形駅と農協資材周辺)
案2)交流センター周辺
案3)月形小学校敷地(=月小グランド国道側)
 
■ 事業費
・各案とも、工事費として5〜6億円、土地買収は別費用。
・財源の一部にはJR北海道からの廃線支援金。
 
■ スケジュール
・今年5月に審議会条例を設置。一般町民を含む審議委員の募集。
・委員募集の前に町民説明会は開催しない。
・審議会では、提案された3案を基に
 (1)場所を決定→(2)必要な機能と面積を検討
・今年12月までに(約半年間で)結論を出す
・今年度中に設計業務の準備に入る
・審議会で「建設しない」「既存の施設を利用する」などの意見が出れば、審議会で審議する。
 
《私の懸念》
▼ JR廃線によってバスターミナルを建設することは町民の多くが解っているし、必要性も理解している。
一方、複合施設の建設を知っている町民はほとんどいないし、こんなに大きな施設が必要と思っているのか疑問。今回示された案はコンサルタントが調査を基に決めたもので、町民の意見は全く入っていない。たたき台とは言え、この段階で設計図までできているのも疑問。事業の進め方の順番が変。「建設ありき」で進んでいるとしか思えない。
 
▼ 人口減少するのに集会施設ばかり作ってどうするんだろう? 近くに交流センターもあるのに。
多目的研修センター並みの集会施設をつくるのに駐車場が狭すぎる。葬儀のときを考えたら・・・。車社会の今を考えてる?
複合施設に入る商業スペースはコンビニ程度の広さしかない。何を入れるのか?
5億円もかかる建物を建てるのに、半年で場所も内容も決定するなんて! 
 
▼ 建物のライフサイクルコスト(建設から解体までの全費用)は建設費の4〜5倍と言われている。5億円の建物なら・・・ そんなに費用のかかるものをポンと建てちゃっていいの? 
 
▼ 審議委員公募の前に町民に説明しなかったら、町民の理解は進まない。必然的に応募者は限られる。さらに、途中で町民のニーズを聴くこともない。最終的なパブコメはあっても、それでは遅すぎる。これで「町民の声を聴いて・・」と言うことが信じられない。
 
▼ 3つの建設候補地についても疑問。町民の導線から言えば、役場前の本町通がメインストリート(銀行、歯科医、商店が立ち並ぶ)で、候補地に挙がっている3ヵ所ともそこから300m以上離れていて高齢者にとっては歩ける距離ではない。高齢化の現実を踏まえて集約化するなら「行く必要がある場所」の周辺にバスターミナルがなければ意味がない。上坂町長の公約に「月形駅周辺に交流の場を作る」というのがあった。それに引っ張られてる? 町民の利便性より公約優先?
__。__。__。__。__。__。__。
 
《2.皆楽公園の再開発》← 集客するための大規模投資
 
■ 概要
皆楽公園は月形町にとって有用な資源だから活用するために「あれを新築」「これも改修」という内容。そうしないと経費がかさむし、集客力が落ちる。
皆楽公園一帯の指定管理者の振興公社は赤字が増大。それを改善するためにも再開発が必要(という展開)
 
■ 検討事項とスケジュール
・皆楽公園内の改善すべき項目はコンサルタントによって洗い出されているので、それを基に何を優先して実施するかを審議会で検討する。
・上記(拠点化整備検討の)審議会でこの件も検討する。
・結論を出す時期も同じ。今年12月。
 
《私の懸念》
▼ 皆楽公園を観光施設にして再開発するという展開だが、投資額がいくら必要か、それによってどれだけの収益があがるのかという基本データが全くない。それなのに再開発の優先順位をつけろって! ムダな投資を助長するようなもの。
 
▼ 振興公社の赤字と皆楽公園の再開発は全く別物。そもそも振興公社は公園管理の指定管理者。赤字がかさむなら指定管理者から外れればいい。いっしょに考えていること自体が制度を理解していない。
 
▼ 上記の拠点化施設とこの再開発、審議するポイントが全く違う。皆楽公園の再開発には経営感覚と専門知識が必要なのに、同一の審議会で短期間に決定していいのか? 再開発には多額の費用が必要なのに、そんな安直に決めて大丈夫?
__。__。__。__。__。__。__。
 
どちらの案件も疑念と不安がいっぱい。書いても書いても書き足りない。
 
今年1年で色んなことを一気にやるつもりだけれど、本当にできるのか疑問。既に決まっていることも含めて、町が取り組むのは・・・
(1)町立病院の公設民営化、診療所化
(2)JR代替バスの運行準備完了(1年後に運行開始)
(3)振興公社の赤字削減
(4)IP告知端末の入れ替え
(5)複合施設建設の場所と内容の決定
(6)皆楽公園の再整備内容決定
 
月形町は小さな自治体。年間予算35億、職員数は67人。財政も職員もパンクしないか心配。やっつけ仕事にならないかも不安。
じっくり時間をかけて取り組んだ方がイイと思うんだけどな〜

1234567891011

▲TOPへ戻る